目の下のたるみを改善してくれる美容外科を紹介:肌年齢向上委員会

相談した方がいい理由

補強

基本は老化現象

目の下のたるみが発生する理由、その基本は老化現象にあります。
年齢とともに体の組織は様々な機能が低下していきます。その影響は、皮膚にもしっかり現れます。
皮膚のハリや弾力が年齢とともに低下するのが、加齢による皮膚機能の劣化による結果です。
また、目の下の皮膚と同居している筋肉の力が低下することによって脂肪を支えることができなくなることも、加齢の影響として挙げられます。
そして、眼の周辺に存在する筋肉をいきなり鍛えることは難しいため、老化現象の一つであるたるみに自分で抗うことは難しいです。
よって、目の下のたるみを除去するために考えられる対策としては医師による外科的な施術が考えられるというところに着地します。

根本的な解決

目の下のたるみは、化粧でごまかすことが難しいのがまず問題です。
そして、そこに潜むもう一つの問題が、たるみは化粧でごまかしたとしても消えてなくなるわけではない、という点です。
つまり、化粧によってある程度悩みの解決はできなくはありませんが、目の下に存在するコンプレックスを打破することはできないといえます。
また、化粧品は薬ではないため、根本的な問題解決の方法にはなりえません。
ですが、目の下にたるみが発生する原因はすでに老化現象によって脂肪が支えられなくなっているから起こるということが明らかになっています。
ですから、支えきれなくなった余計な脂肪を除去してしまえば根本的な解決ができます。
それができるのは、目の下のたるみを専門的に扱っている美容外科の医師です。
だからこそ、美容外科の処置によって目の下のたるみを根本的に解決することが、コンプレックスの除去になるといえます。