目の下のたるみを改善してくれる美容外科を紹介:肌年齢向上委員会

施術する方法の種類

しわと写真

脂肪そのものを取る

目の下のたるみを無くすために利用される美容外科では、その原因となる余計な脂肪そのものを取ることができる施術を行っています。
脱脂術と呼ばれるこの方法においては、まぶたの裏から問題となっている余計な脂肪そのものを取ることができます。
それにあたっては、最近ではメスを使わずにレーザーによって行う治療ができるようにもなっています。
この方法においては、出血と切開による負担を最大限に抑えながら、高いレベルでの施術を行うことができます。
レーザーはメスと違って、止血を行いながら作業を進行できることが負担を抑えられる理由の一つです。
さらに、まぶたの裏から施術を行うことによって、傷の治りがもともと早いことと相まって傷跡が目立つことがありません。
切開が終わったら、目の下に存在している余った脂肪を除去して、その部位の止血もレーザーで行ってくれます。
結果として、施術による腫れはほとんどありません。
施術後冷却するアフターケアを行って、そのまま帰宅することが可能な施術をすることができるのが特徴です。

注入する方法の検討

目の下のたるみを改善するためには、ハムラ法と呼ばれる方法や、脂肪注入と呼ばれる方法も検討できます。
これらの方法に共通するのは、脂肪を注入するという点にあります。
ハムラ法においては、目の下のたるみを生み出している原因となる脂肪を除去する点では脱脂術と共通しています。
ただし、目の下のたるみを除去しても周辺のくぼみが原因でクマも併発している場合は、その脂肪をくぼみ部分に注入できます。
ですから、たるみとくぼみを同時にケアすることができる方法として、ハムラ法が適用される場合があります。
また、目の下にたるみは強くなくても、くぼみによるクマが見られる場合は脂肪注入を行うこともあります。
いずれも、自分の組織を使うため自然で安心できる方法なのが特徴です。